自律神経失調症なら薬で改善|しっかり直して心も身体も健康になる

男の人

自律神経失調に悩む方へ

窓

治療方法は様々です

自律神経失調症という病気については、ご存知の方も多いでしょう。この自律神経というのは、人間の体の働きをつかさどる神経のことで、交感神経と副交感神経とに分かれます。交感神経は昼間の活動時に活発になり、副交感神経は夜の休息時に活発になります。しかし生活が不規則であったり、ストレスがたまったりすることでこの働きに乱れが生じることがあります。これが自律神経失調症で、イライラやめまいの他に、動悸や不整脈、下痢といった様々な症状が現れます。この自律神経失調症は、生活の改善やカウンセリングで治すことも可能ですが、薬を使って治すこともあります。薬は主に自律神経に直接作用するものや、抗不安剤のように不安や精神的緊張を取り除くものもあります。また、ビタミン剤やホルモン剤が用いられることもあります。ホルモン剤は主に、更年期の女性の自律神経失調症で処方されます。その他には黄連や抑肝散といった、不安や神経の高ぶりを鎮める漢方薬、あるいは睡眠導入剤などが処方されることもあります。

つらい症状を止めるために

自律神経失調症の場合は、つらい症状が続くことで、ついそれを気にするようになりがちで、それによってますます悪化してしまうこともあります。その悪循環を断ち切るためにも、薬で症状を抑えることが必要なのです。しかし、場合によっては注意しておくべきこともあります。まず抗不安薬などは、服用後眠気やふらつきが起こることがありますので、すぐに車の運転をしたりすることは避けるようにしましょう。また、人によっては便秘の症状が起きることもあります。それから妊娠中の女性の場合は、胎児に影響が出ることもありますので、必ず妊娠していることを医師に伝えるようにしましょう。また持病によっては、自律神経失調症の薬により悪化することもあります。どのような病気かといいますと、循環器系や肝臓の病気、あるいは喘息などの場合です。この時も、事前に必ず医師に相談するようにしてください。そして処方された薬は、必ず医師の指示を守って服用し、自分で勝手に服用を止めたり、分量を変えたりすることはくれぐれもしないようにしてください。

使い分けて効果的に治療

悩む女性

自律神経失調症の治療では、抗不安薬などのほかに漢方製剤が使われることもあります。抗不安薬で副作用の出る人には、作用のおだやかな漢方製剤が効果を発揮する場合があります。また、自律神経をコントロールしている脳の視床下部に直接作用する自律神経調整薬などもあります。

View Detail

自律神経が変調をきたす

看護師

自律神経失調症は交感神経と副交感神経のバランスが悪くなって起こるもので、様々な症状を伴います。このような時はまず生活を改善しましょう。それでも治らない時は、病院で自律神経失調症の調整薬を処方してもらうのがお勧めです。ただしそれで改善されない時は、他の病気の可能性もありますので要注意です。

View Detail

日常生活から起こる疾患

看護師

自律神経失調症は生活習慣の乱れやストレスによって発症する疾患です。原因が多岐に渡るため、診断が難しいとされています。治療法はいくつかありますが、薬物療法を行う場合には副作用や依存性などを事前に把握することが重要とされています。副作用の少ない漢方を用いることもあります。

View Detail

自律神経の病気

女医

自律神経失調症の治療で処方される薬は、時に血圧や脈拍に影響を与えることがあります。持病のある方の場合は、特にこの手の薬の服用に注意が必要です。今後は交感神経と副交感神経の切り替えが、重視されていくと考えられます。

View Detail

症状を改善させる方法

女医

自律神経失調症は交感神経と副交感神経のバランスが崩れる病気で、めまいや疲れ、不眠などその人によっても症状は違うのでいくつもの種類の薬があります。ストレスによってビタミンが大量消費されるので、普段の食事でビタミンを沢山取ることで予防改善につながります。

View Detail